女性の脱毛症で最も多いタイプは・・・

 

薄毛や抜け毛などの髪のトラブルは、一般的には男性特有のものと思われがちですが、最近は、髪の悩みを抱える若い女性が増えているようです。

現在、薄毛や抜け毛で悩み男性は1000万人近いとされ、女性も600万人もいると言われています。

そんな女性達の脱毛症の中で一番多いのが「びまん性脱毛症」というタイプです。

男性の脱毛症は、遺伝的な要因が強いAGAと呼ばれる「男性型脱毛症」がほとんどで、頭頂部から薄くなったり、額の生え際から後退していくという進行パターンですが、この「びまん性脱毛症」の症状は、女性ホルモンのバランスが崩れることが要因とされ、進行パターンは特定の部位から薄くなる男性タイプと違い、頭髪全体が平均して脱毛していくのが特徴です。

そのため、症状の進行具合によっては、気づきにくいということもあり、髪の分け目が透けてみえるようになって、やっと脱毛症を自覚するというケースが少なくありません。

ですが、「びまん性脱毛症」の原因は、さまざまな要因が挙げられ、一つのことを特定することはできません。

その中でも、女性ホルモンのバランスを崩してしまうほど大きな影響を与える要因を挙げてみると、睡眠不足や栄養バランスの偏り、ストレスなどです。

夜更かしを続けて、いつも睡眠不足の状態だったり、無理なダイエットやジャンクフードばかりの食事で食生活が乱れて大切な栄養素が不足したり、仕事のストレスが溜まっていたりと、普段の生活習慣が深く関わっています。

脱毛症に気づいた方の多くは、直ぐに育毛剤などを使用したヘアケアを始めると思いますが、びまん性脱毛症の対策としては、まずは、今までの生活習慣を見直して、規則正しい生活を送ることが大切になります。

その他には、シャンプー剤に配合されている成分が、自分の肌に合わなくて頭皮環境を悪化させて抜け毛が増えてしまったり、さらには、経口避妊薬が原因でもあったりします。

そして、その他の脱毛症のタイプとしては、妊娠してから出産後に多量の抜け毛が発生する「分娩後脱毛症」、ポニーテールなど髪をきつく縛ることで頭皮に負担がかかって起こる「牽引性脱毛症」、ストレスと関係が深いとされている「円形脱毛症」、過剰な皮脂分泌が原因で頭皮が炎症して起こる「脂漏性脱毛症」、フケや汚れが毛穴を塞ぐことで頭皮が炎症して起こる「ひこう性脱毛症」などがあります。

こうした女性の脱毛症は、遺伝的な要因が強い男性の脱毛症に比べると、比較的治療しやすいと言われています。

もし、薄毛や抜け毛が気になるようでしたら、まずは、専門のクリニックなどで診てもらうことをオススメします。