不足しがちな酵素を補って健康な体に!

 

最近は、酵素の体内での働きが注目され始めて、健康な体作りやダイエットに効果的と知られるようになりました。

実際に、女性の間では酵素ダイエットが人気となって、酵素サプリメントや酵素液ジュースなどが売り上げを伸ばしているようです。

もともと酵素とは体内に存在する栄養分で、生命活動である代謝機能や消化機能を活発にしたり、免疫力を高めたりする働きがあり、人が生きて行くうえで絶対に欠かせないものです。

しかし、体内に存在する酵素量は年齢とともに失われていき、また、ドカ食いや暴飲暴食ばかりの食生活を続けていると、消化のために無駄に酵素が使われ、その結果、体内の酵素量が不足する状態になってしまいます。

こうしたことから、体内の酵素量が不足すると、太りやすくなって老化現象が進み、免疫力も低下するので病気にかかりやすくなります。

このような不健康で老化した体にならないためには、不足しがちな酵素をしっかりと補うことが必要です。

酵素は、もともと体内に存在するものと、その他に野菜や果物、発酵食品などを食べることで、外部から摂取することができます。

今人気の酵素サプリメントや酵素液ジュースなどは、手軽に酵素を摂取できるということで、とても便利です。

しかし、効果に差があったり、サプリメントによって含まれる成分が違ったり、飲みやすくするように人工甘味料や品質保持のための保存料、独特な匂いを消すための香料が含まれていたりします。

これらの添加物は、逆に体内の酵素を消費してしまう恐れもあるので、無添加のものがオススメです。

そして、非加熱のものを選びましょう。

酵素は、熱を加えると破壊してしまうという性質があるので、加熱処理されていないことが重要です。

ただし、多量に酵素を摂ったからと言っても、数週間で劇的に体重が落ちるというものではありません。

長期計画で、毎日継続することが大切です。

これは、酵素ダイエットだけでなく、すべてのダイエット法に言えることです。

 

 

大人ニキビを予防、改善する睡眠と食事

 

10歳代後半にできるニキビは「青春のシンボル」と言われるほど、若者にとっては最もポピュラーな肌のトラブルになります。

しかし、若者だけではなく、20歳を過ぎて成人してからもニキビでお悩みの人は大勢いらっしゃいます。

10歳代の若い頃にできるニキビは、思春期ニキビと言われ、成長期におけるホルモンバランスの乱れが原因で過剰に皮脂が分泌することから発生します。

それに対して成人してからのものは大人ニキビと言い、睡眠不足と寝だめを繰り返すような不規則な生活習慣や栄養が偏ったり、不足するという乱れた食スタイル、それに、ストレスや間違ったスキンケアなど、さまざまなことが絡み合って、その結果、免疫力が低下したり、ホルモンバランスが乱れたりして発生します。

そして、思春期ニキビは額や鼻まわりなどを中心にでき、大人ニキビは顎や口まわりなど顔の下のほうの部分にできやすいという特徴があり、また、大人ニキビは治ったと思っても、すぐに同じ場所に繰り返してできるというとても厄介でしつこく治りにくいニキビです。

そんな大人ニキビを予防して改善するには、まずは、睡眠不足や栄養が偏っているという不健康な生活習慣を見直すことが必要です。

その中でも特に大切なのは睡眠です。

寝不足や寝だめを繰り返すような不規則な生活習慣は、体内時計を大きく狂わせてホルモンバランスも乱すことになります。

毎日、決まった時間にベットに入り、決まった時間に起きて、6時間以上の睡眠時間を確保できる規則正しい生活習慣を身に付けましょう。

ちなみに、夜10時から深夜2時の間は、成長ホルモンの分泌が高まり、肌細胞が最も活発に生まれ変わる「肌のゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯になります。

できればこの時間帯に熟睡できるように就寝前はカフェインを含むコーヒーや紅茶、緑茶を避けて、ストレッチやヨガなどの息が上がらない程度の軽い運動を行ったり、アロマオイルなどの香りでリラックスしたり、照明を暗くしてくつろぐなど、熟睡できる環境を整えるように努力しましょう。

そして、次に食事面ですが、血行を促して皮脂の分泌を抑える効果のあるビタミンB1、B2、Eなどを積極的に摂ることをオススメします。

ビタミンB1は、豚ヒレ、豚モモ、豚ロース、うなぎ、たらこ、玄米など、ビタミンB2は、鶏レバー、納豆、生しいたけ、まいたけ、うなぎ、ブロッコリー、ヨーグルトなど、ビタミンEは、ツナ、たらこ、ホウレンソウ、かぼちゃ、アボカド、赤パプリコなどが挙げられます。

また、便秘もニキビ発生の要因になるので、大豆、納豆、おから、れんこん、モロヘイヤ、長いも、キウイなどや食物繊維を
たっぷりと含んだ野菜を十分に摂取しましょう。