紫外線は肌老化を促進させる!

 

肌老化を促進させてエイジングケアの最大の敵となるのは紫外線です。

いつまでも若さと美しさを維持したいという願いからエイジングケアに励んでいる女性にすれば、もう耳にタコができるくらい聞いていると思いますし、当然、紫外線対策はしっかりされているでしょう。

ですが、まだまだ紫外線対策が甘く、さらに、1年の中で3月の下旬から5月いっぱいの間は最も紫外線が強いという当たり前のような情報も知らない女性がいらっしゃいます。

まだ春先になるこの時期は、肌もまだ冬モードで強い紫外線に慣れていない状態です。

そんな状態の肌が強い紫外線を浴びてしまうと、途端にダメージを受けてさまざまな肌トラブルを招き、肌老化を加速度的に促進させてしまいます。

紫外線が肌内部に浸透すると、メラニン色素が過剰に生産されてシミを作るだけでなく、乾燥肌を招いてターンオーバーを乱し、くすみ、キメの荒れなど肌老化を促進して老けた印象を与えます。

また、紫外線にはA波、B波、C波と波長の長さによって3種類に分けられますが、そのうちのA波は、肌内部の真皮まで達して肌の弾力性を保っているコラーゲンを劣化させてシワやたるみを作ってしまいます。

さらに、体内の細胞を強力にサビつかせる活性酸素を大量に発生させたり、目の病気を引き起こしたりして、最悪は、細胞を傷つけて皮膚ガンを発症させてしまう場合があります。

このような怖い肌トラブルに陥らないように、さっそく、紫外線対策を行いましょう。

まず、紫外線の基本となる対策は、日焼け止めクリームをまめに塗るということです。

ですが、日焼け止めは肌に与える刺激が強いので、敏感肌の方は肌荒れやかぶれを防ぐために、紫外線吸収剤不使用でノンケミカルと書かれたものをオススメします。

そして、少しの時間の外出の時でも、必ず日焼け止めクリームを塗り、さらに、帽子をかぶり、サングラスをかけ、日傘も使うようにしましょう。

日焼け止めには、SPFやPAという数値が表示されていますが、それらを使用する目安としては、少しの時間の外出であれば、SPF10~20 PA+。

短い時間の外出であれば、SPF20~30 PA++。

野外で数時間、スポーツなどをする場合は、SPF30~50 PA+++。

海水浴やプールであれば、ウォータープルーフタイプがオススメです。

冬の時期や雨、曇りの日でも、常に紫外線は地上に降り注いでいるので、油断しないようにしっかりとした紫外線対策を行って下さい。

 

 

納豆と青魚を食べて健康的なサラサラ血液に!

 

暑い夏の季節は大量に汗をかきますが、しっかりと水分補給しないと、熱中症になり、とても危険です。

毎年、夏の時期になると、熱中症になって病院に運ばれる方が大勢いらっしゃいます。

そして、この熱中症は、血液にまで悪影響を及ぼし、血液を固めてしまう恐れがあります。

血液が固まってできた血栓が、脳や心臓で詰まってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞などの命にかかわる重病を発症させることになってしまいます。

そんな恐ろしい血液の状態を予防し、改善し、健康的なサラサラの血液に変えるには、納豆が効果的と言われています。

納豆には「バチロペプチターゼ」という酵素が含まれており、この酵素が血栓を溶かして血液を固まりにくくする作用があるそうです。

また、これと言った運動もせずに、好きなものを好きなだけ食べて、飲んでという食生活を続けてきた方は、当然、肥満体型に陥っていると思います。

消費し切れない余分なエネルギーが内臓に溜まった内臓脂肪型肥満になると、血液もドロドロになり、動脈硬化や心筋梗塞、高血圧、糖尿病など、さまざまな危険な病気を招くことになります。

ここまでひどい肥満体型になると、医師の指導を受けて、適度な運動と食事管理が必要ですが、「少しぼっちゃりしてきた・・・」という程度なら、イワシやサバなどの青魚がダイエットに有効です。

青魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)という必須脂肪酸が多量に含まれていますが、このEPAを摂取することで、痩せるホルモンのGLP-1が体内で多く分泌されるようになります。

一般的に、人の体は40歳~50歳代になると徐々に太り始めますが、この年齢になって、これと言ったダイエットをしてなくても太ることなくスレンダーな体型を維持している方がいらっしゃいます。

そんな方は、痩せるホルモンのGLP-1が体内で多く分泌されているからと言われています。

血液がドロドロで健康に不安を感じている方は、ぜひ、納豆と青魚を積極的に食べて健康な体をつくりましょう。